柴朴湯(さいぼくとう)

組成

柴胡(さいこ)・黄芩(おうごん)・人参(にんじん)・半夏(はんげ)・厚朴(こうぼく)・茯苓(ぶくりょう)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)・蘇葉(そよう)

効果

気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症: 
小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症

効能

和解半表半裏(通調少陽枢機)・理気化痰

主治

熱結心下:
半表半裏証あるいは少陽枢機不利で、胸苦しい・咳嗽・喀痰・悪心・嘔吐など痰湿阻滞が顕著なもの

方意

柴朴湯は小柴胡湯(しょうさいことう)と半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を合わせた処方です。小柴胡湯の証と半夏厚朴湯の証を併せそなえており、呼吸器の炎症症状に加えて咳嗽・喀痰・呼吸困難あるいは喘鳴などの湿痰の症状を伴う方に用います。

診断のポイントは、小柴胡湯証+半夏厚朴湯証・咽中炙臠・胸脇苦満・胸や胃のつまる感じ・喀痰を伴う咳・嘔気・神経症状などです。

柴朴湯は気管支の痙攣による咳嗽に有効ですが、小柴胡湯も半夏厚朴湯もどちらも気道を乾燥させる作用が強いので、湿痰(喀痰の多いもの)に用いるべきです。気道が乾燥して反射的に乾咳を出す方には不向きです。このような場合は、半夏を栝楼根(かろこん)に代えたり、あるいは麦門冬湯(ばくもんどうとう)などを用いるとよいです。

類方鑑別

神秘湯(しんぴとう):
体力中等度の方で、咳嗽・呼吸困難などがより顕著で、抑うつなどの精神神経症状や肋骨弓下部の抵抗・圧痛(胸脇苦満)がともに軽度の場合に用います。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう):
体力中等度の方で、咳嗽・喘鳴・呼吸困難などがあり、泡沫水様性の痰・水様鼻水・くしゃみなどを伴う場合に用います。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう):
比較的体力のある方で、咳嗽が強く、口渇、発汗傾向が認められる場合に用います。

五虎湯(ごことう)
麻杏甘石湯に似ていますが、咳嗽がより強く、慢性化している場合に用います。

大柴胡湯合半夏厚朴湯(だいさいことうごうはんげこうぼくとう):
体力が充実した方で、胸脇苦満と便秘があります。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)