五虎湯(ごことう)

組成

麻黄(まおう)・石膏(せっこう)・杏仁(きょうにん)甘草(かんぞう)・桑白皮(そうはくひ)

効果

せき、気管支ぜんそく

効能

清肺泄熱・止咳平喘

主治

肺熱の喘咳

方意

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)に消炎・鎮咳作用のある桑白皮を加えた薬方です。証は麻杏甘石湯とほとんど同じですが、痰飲をさばく働きが加わっており、咽痛・咳嗽がより強い場合に用いられます。

診断のポイントは、咳嗽・喘鳴・呼吸困難・痰は少ない・口渇などです。

喀痰の多い時にはさらに二陳湯(にちんとう)を合方し、五虎二陳湯(ごこにちんとう)として用います。

類方鑑別

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう):
咳嗽は五虎湯に似ていますが、より体力がある場合に用います。肺熱燥性が強いです。

麦門冬湯(ばくもんどうとう):
体力がやや低下した方の激しい咳で、痰が切れにくく、顔面紅潮を伴います。胃肺陰虚による気道の乾燥に用います。

柴朴湯(さいぼくとう)
体力中等度の方で、肋骨弓下部の抵抗・圧痛(胸脇苦満)があり、咳嗽は比較的軽度です。痰が多く、肝気鬱結と気滞、肝気の上逆による咳嗽に用います。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう):
体力中等度の方の喘鳴、咳嗽で泡沫性の痰や水様性鼻水、くしゃみなどを伴います。表証+水飲の証があります。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)