清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

組成

防風(ぼうふう)・薄荷(はっか)・黄連(おうれん)黄芩(おうごん)・連翹(れんぎょう)・山梔子(さんしし)・白芷(びゃくし)・枳実(きじつ)荊芥(けいがい)桔梗(ききょう)・川芎(せんきゅう)・甘草(かんぞう)

効果

にきび

効能

祛風清熱・解毒排膿

主治

上焦風熱による発赤・腫脹・熱感・疼痛・瘙痒・化膿などを呈する皮疹

方意

顔面の中心や上半身にできる、固くて赤みのあるニキビ、吹き出物(風邪が入り込み体内で熱を発することが原因)に対する処方で、色のない白く小さなニキビなどには適さないことが多いです。

診断のポイントは、顔面が赤い・先が尖り化膿したニキビ・便秘傾向などです。

全体としては上焦の風熱を発散によって治す処方です。

防風・荊芥・薄荷・川芎・白芷は、体表血管を拡張する解表効果により風邪を除きます。赤みの強い吹き出物は化膿性のものが多いですが、連翹・山梔子・黄連・黄芩・甘草が清熱して炎症を取りながら解毒し、桔梗が膿を排出します。枳実が気の巡りをよくすることで、それぞれの生薬の吸収を高め、効果を発揮しやすくします。

あくまでも熱感の強いニキビに使う処方のため、手足が冷えていたり、冷え性の自覚がる場合は使用を避けたほうがよいです。

類方鑑別

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
体力中等度の方で身体各部に発症する発散性で瘙痒感の強い皮膚疾患の場合に用います。

消風散(しょうふうさん)
比較的体力の充実した方で、患部の湿潤と瘙痒感が顕著で、痂皮の形成と苔癬化があり、口渇を伴う場合に用います。

葛根湯(かっこんとう)
比較的体力の充実した方で、多くは上半身に発し、発赤・腫脹・熱感・瘙痒感の強い急性発疹の場合に用います。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
体力中等度の方で、副鼻腔・外耳・扁桃などに炎症を起こしやすく、慢性化した皮膚疾患の場合に用います。

治頭瘡一方(ちづそういっぽう)
実証の方で、主に頭部・顔面に発し、患部の滲出性傾向と痂皮形成が著しいです。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)

※ この漢方薬は桃華堂では取り扱いのない商品です。