十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

組成

人参(にんじん)・白朮(びゃくじゅつ)・茯苓(ぶくりょう)・甘草(かんぞう)・肉桂(にっけい)・黄耆(おうぎ)・当帰(とうき)・熟地黄(じゅくじおう)・白芍(びゃくしゃく)・川芎(せんきゅう)

効果

病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血

効能

温補気血

主治

気血両虚

方意

気虚+血虚という気も血も不足している状態(気血両虚)を改善するための漢方薬。血虚を改善させる四物湯(しもつとう:熟地黄・白芍・当帰・川芎)に補気健脾剤である四君子湯(しくんしとう:人参・白朮・茯苓・甘草)を合わせた八珍湯(はっちんとう)に黄耆と肉桂を加えた処方です。気血両虚を補う八珍湯に血行促進と補陽(熱エネルギーの増強)作用がある肉桂が加わることで、エネルギーと血の不足を改善する構成になっています。

気血・陰陽・表裏・内外総てを補う処方です。

診断のポイントは、顔色が悪い・貧血・皮膚枯燥・全身衰弱・倦怠感著明などです。

大病や手術後の回復促進、慢性的な疲労や貧血症状などの改善にも適しています。

栄養不足が長く続けば内臓機能が低下し、顔面蒼白(青白い顔)、爪や髪のトラブル(割れやすい爪、髪のツヤやコシの低下、脱毛など)があらわれます。

疲労感に対して補中益気湯(ほちゅうえっきとう)がよく処方されていますが、衰弱の激しいタイプにはこちらのほうが適しています。

気血双補の強壮剤ですが、性質は温熱に偏するので、陰虚火旺の方には不向きです。

類方鑑別

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
十全大補湯と同様に体力が衰え、四肢倦怠感・食欲不振などを訴えますが、貧血症状や皮膚乾燥のない場合に用います。

真武湯(しんぶとう)
疲労倦怠感は十全大補湯ほどではありませんが、気力が衰えて、下痢・手足の冷え・めまい・身体動揺感などを訴える場合に用います。

小建中湯(しょうけんちゅうとう)
体力虚弱者、とくに小児で疲れやすくて血色がすぐれず、腹痛・鼻出血などを訴え、腹直筋の緊張を認める場合に用います。

六君子湯(りっくんしとう)
体質虚弱の方で、心窩部の膨満感・食欲不振・疲労倦怠感などがあり、心窩部振水音を認める場合に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)