柴陥湯(さいかんとう)

組成

柴胡(さいこ)・黄芩(おうごん)・半夏(はんげ)・人参(にんじん)・黄連(おうれん)栝楼仁(かろにん)甘草(かんぞう)・大棗(たいそう)・生姜(しょうきょう)

効果

咳、咳による胸痛

効能

和解半表半裏・清化熱痰

主治

半表半裏証あるいは少陽枢機不利で、胸痛・咳嗽・黄色粘痰・心窩部痛・熱痰あるいは小結胸をともなうもの

方意

柴陥湯は、「傷寒論(しょうかんろん)」の小陥胸湯(しょうかんきょうとう)と小柴胡湯(しょうさいことう)の合方です。処方内容は小柴胡湯に黄連・栝楼仁を加えた形になります。小柴胡湯は少陽病の代表処方であり、半表半裏の邪を和解によって除きます。小陥胸湯は胸部の熱痰に対する基本処方であり、気管・肺・胸膜などの炎症で半表半裏証を呈する方に用います。

熱と痰飲が心下に結衆して痛む方を治します。

診断のポイントは、胸痛を伴う咳痰・心下痞鞕・圧痛・胸脇苦満・往来寒熱などです。

類方鑑別

小柴胡湯(しょうさいことう)
柴陥湯と同様の症状を訴えますが、咳嗽や胸痛の程度が軽い場合に用います。

麦門冬湯(ばくもんどうとう):
柴陥湯と同様に咳嗽が強く痰が切れにくく、咽喉部の乾燥感があり、胸痛を伴わない場合に用います。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう):
比較的体力のある方で、咳嗽は強いですが胸痛はなく、喘鳴を伴い、口渇・熱感などを訴える場合に用います。

清肺湯(せいはいとう):
体力の低下した方で、痰が多く、咳嗽が長く続き、かつ胸痛を伴わない場合に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)