越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)

組成

麻黄(まおう)・石膏(せっこう)・蒼朮(そうじゅつ)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)

効果

浮腫と汗が出て小便不利のあるものの次の諸症:
腎炎、ネフローゼ、脚気、関節リウマチ、夜尿症、湿疹

効能

宣肺利水・健脾

方意

風水に対する代表的な漢方薬で、浮腫と尿不利のある例や炎症性浮腫によく用いられます。

診断のポイントは、口渇・浮腫・尿不利・下肢のはれや痛みなどです。熱感を伴う場合もあります。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)と同じ利水の麻黄と解熱の石膏の基本的組み合わせが主役です。どちらも清熱利水作用を持っています。

類方鑑別

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
比較的体力が低下した冷え症の方が、四肢関節の腫脹・疼痛を訴える場合に用います。

薏苡仁湯(よくいにんとう):
体力が中等度の方で、やや慢性化した四肢関節および筋肉の腫脹・疼痛がある場合に用います。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう):
比較的体力がなく、色白で筋肉が柔らかく、いわゆる水太りの方で、疲れやすく、浮腫・関節の腫脹・疼痛がある場合に用います。

葛根湯(かっこんとう)
体力が充実し、口渇・浮腫・尿量減少の傾向がなく、上半身の関節や筋肉の疼痛・鼻水・くしゃみ・蕁麻疹・急性の皮膚炎を呈する場合に用います。

五苓散(ごれいさん)
体力中等度あるいはそれ以下で胃腸症状があり、尿量減少・口渇・浮腫の傾向が一層顕著な場合に用います。

木防已湯(もくぼういとう):
呼吸困難・浮腫・尿不利などの症状があります。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)