小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)

組成

柴胡(さいこ)・黄芩(おうごん)・半夏(はんげ)・人参(にんじん)・甘草(かんぞう)桔梗(ききょう)・大棗(たいそう)・生姜(しょうきょう)・石膏(せっこう)

効果

咽喉がはれて痛む次の諸症:
扁桃炎、扁桃周囲炎

方意

小柴胡湯(しょうさいことう)に排膿・鎮咳作用のある桔梗と、清熱・降火・滋潤作用のある石膏を加味した方剤です。石膏は大量に用いると強い消炎解熱作用を示します。

風熱型(熱のみで悪寒がない)の感染症で、表証のない方に用います。

診断のポイントは、咽頭痛・発赤・扁桃腺腫大・寒熱往来(熱が主)・胸脇苦満などです。

類方鑑別

小柴胡湯(しょうさいことう)
小柴胡湯加桔梗石膏の適応と似ていますが、咽喉・鼻・耳の症状があまり顕著でない場合に用います。

桔梗湯(ききょうとう)
咽頭炎・扁桃炎で疼痛が激しいですが、無熱で胸脇苦満の認められない場合に用います。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
体力中等度の方で、皮膚の色が浅黒いことが多く、副鼻腔・外耳・中耳・扁桃などの比較的慢性の炎症性諸疾患で、胸脇苦満のない場合に用います。一貫堂の解毒証体質の青年に用います。

柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)
比較的虚弱な小児で、神経質でイライラして怒りやすく、リンパ節・扁桃などが腫れやすく、胸脇苦満が軽微に認められる場合に用います。一貫堂の解毒証体質の小児に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)