桔梗湯(ききょうとう)

組成

桔梗(ききょう)甘草(かんぞう)

効果

咽喉がはれて痛む次の諸症: 
扁桃炎、扁桃周囲炎

方意

金匱要略(きんきようりゃく)では少陰病の咽痛に用いるようになっていますが、現在、桔梗湯は咽痛・喉痛気道の炎症に対する基本処方となっています。他薬に配合して用いられることも多いです。

診断のポイントは、熱がない・咽喉が腫れ痛む・咳が出て膿様の痰が出るなどです。

桔梗は排膿祛痰作用、生甘草は清熱解毒作用があります。

発熱がなくただ咽が痛む方、咽の腫れる方には桔梗湯がよいですが、発熱があれば生甘草を石膏(せっこう)に変えて桔梗石膏(ききょうせっこう)として用います。

類方鑑別

葛根湯(かっこんとう)
実証、太陽の傷寒に用います。発熱悪寒、咽喉部の炎症はあっても痛みは軽いです。頭痛や項背部の筋肉のこわばりがあります。

小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう):
悪寒なく微熱があり、咽喉の炎症はありますが、疼痛はあまり顕著ではありません。胸脇苦満があります。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
咽喉頭部の慢性炎症に用います。虚実錯雑証で、やや陰虚証で皮膚が浅黒く、手足に煩熱があります。腹直筋が全体に緊張している。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう):
少陰の直中を治します。悪寒が強く、顔色が悪く全身倦怠感があります。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)