芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)

組成

当帰(とうき)・熟地黄(じゅくじおう)・白芍(びゃくしゃく)・艾葉(がいよう)・川芎(せんきゅう)・阿膠(あきょう)甘草(かんぞう)

効果

痔出血

効能

補血止血・調経安胎

主治

衛任虚損・血不養胎:
不正性器出血・月経過多・月経維持の延長・早産や流産後の子宮出血の持続・妊娠中の腹痛・性器出血など

方意

寒証向きの止血及び補血剤です。顔色不良・皮膚枯燥・頭がぼんやり等の血虚の証に出血を伴うものを治します。特に下半身の出血に有効です。

診断のポイントは、虚証の出血・貧血・下腹部の軽い抵抗・四肢煩熱などです。

ベースは血虚に対する基本処方である四物湯(しもつとう)で、これに温経止血の艾葉、補血止血の阿膠、諸薬を調和する甘草を加えた処方です。

類方鑑別

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):
比較的体力の低下した人で、出血(性器出血)は軽度であり、冷え症の傾向のある場合に用います。

温清飲(うんせいいん)
体力中等度の方で、のぼせ・神経過敏・皮膚の栄養低下・乾燥傾向があり、出血傾向のある場合に用います。

帰脾湯(きひとう)
虚弱で、出血傾向があり、本証よりさらに顔色が蒼白で、加えて精神不安・心悸亢進・不眠などの精神神経症状を伴う場合に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)