帰脾湯(きひとう)

組成

竜眼肉(りゅうがんにく)・黄耆(おうぎ)・人参(にんじん)・酸棗仁(さんそうにん)・当帰(とうき)・白朮(びゃくじゅつ)・茯苓(ぶくりょう)・遠志(おんじ)・木香(もっこう)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)

効果

虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症:
貧血、不眠症

効能

益気補血・健脾養心

主治

心脾両虚:
動悸・健忘・不眠・発熱・食欲不振・倦怠感・顔色が萎黄など

脾不統血:
血便・皮下出血・不正性器出血・月経周期の短縮・経血色が淡く量が多い・月経の持続が長い・帯下など

方意

気虚と脾虚の両方を同時に改善できるすぐれた処方です。

診断のポイントは、全身倦怠感・易労感・胃弱・貧血様顔貌・手足の冷え・動悸・不眠・健忘などです。

ベースは気虚の基本処方である四君子湯(しくんしとう)で、これに気を補う黄耆を加えて補気作用を増強しています。竜眼肉・酸棗仁・遠志には安神作用があり、当帰で血を補い、木香で気を巡らす理気作用をプラスしています。

ものが食べられないために気が作れず、常に心身のエネルギー不足に陥っている方に適します。

眠りが浅く、夜に何度も目を覚ましたり、ぼうっとして集中できず、物忘れが多い場合に用います。この状態は「心血(しんけつ)」という、精神活動を正常に行うための血が不足しているために起きています。

作用がとても穏やかで刺激がなく、弱っている方にも安心してすすめられます。

類方鑑別

加味帰脾湯(かみきひとう)
帰脾湯の症状に似ていますが、身体が衰弱して微熱や胸苦しさなどがある場合に用います。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
体力が衰えて顔色が悪く、疲労倦怠感を訴えるが、帰脾湯よりも神経症状が軽度の場合に用います。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
貧血はあまりありませんが、精神不安・不眠・陰萎などを訴える場合に用います。

芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
消化機能には異常がなく、出血を主症状とする場合に用います。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
体力のある方が、興奮・のぼせの傾向を伴い、比較的急性に起こる出血の場合に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)