桂枝人参湯(けいしにんじんとう)

組成

桂枝(けいし)・人参(にんじん)・白朮(びゃくじゅつ)・甘草(かんぞう)乾姜(かんきょう)

効果

胃腸の弱い人の次の諸症:
頭痛、動悸、慢性胃腸炎、胃アトニー

効能

温裏解表・益気消痞

方意

人参湯(にんじんとう)の乾姜を減量し、桂枝を加えた処方です。元来脾胃虚寒の者の虚に乗じて邪気が侵入し、熱と下痢を生じた方に用います。

人参湯が裏証の表脾胃虚寒を治し、桂枝が表証を治します。

診断のポイントは、冷え症で下痢しやすい・表証+みぞおちの圧痛・胃弱・四肢倦怠・足冷え・頭痛などです。

表熱があり、中寒多尿であれば桂枝人参湯、表証がなく、みぞおちに抵抗があり、下痢がある方は半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)、水飲内蓄、尿不利は五苓散(ごれいさん)を用います。

類方鑑別

人参湯(にんじんとう)
比較的体力の衰えた方で、食欲不振等の胃腸機能が低下し、発熱・頭痛など表証のない場合に用います。

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
体力中等度以下の方で、手足が冷え、嘔吐を伴い発作性頭痛のある場合に用います。

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう):
みぞおちに膨張感や振水音があり、頭痛のある点は似ていますが、頭重やめまいを伴う場合に用います。

真武湯(しんぶとう):
桂枝人参湯より一層虚証でより冷え症で、下痢が顕著な場合に用います。めまい立ちくらみが見られます。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう):
みぞおちの抵抗、下痢がみられますが、表証はありません。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)