牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

組成

熟地黄(じゅくじおう)・山茱萸(さんしゅゆ)・山薬(さんやく)・茯苓(ぶくりょう)・肉桂(にっけい)・牡丹皮(ぼたんぴ)・沢瀉(たくしゃ)・牛膝(ごしつ)・車前子(しゃぜんし)・附子(ぶし)

効果

疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症:
下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ

効能

温補腎陽・利水消腫

主治

腎陽虚で腰重脚腫・小便不利のもの

方意

八味地黄丸(はちみじおうがん)に牛膝と車前子という2つの生薬をプラスした処方で、加味腎気丸(かみじんきがん)とも言われます。八味地黄丸は補腎薬の基本処方である六味地黄丸(ろくみじおうがん)に肉桂と附子を足したものなので、「六味地黄丸+肉桂+附子+牛膝+車前子」という考え方もできます。

診断のポイントは、下半身機能低下・腰痛・脚弱・臍下不仁・足腰の冷え・排尿障害・浮腫傾向などです。

牛膝と車前子は、補腎の作用に加えて体内の水分代謝(特に下半身)を正す作用の強い生薬です。

八味地黄丸は六味地黄丸の補腎作用に温陽(体を温める力)作用を加えた処方ですが、さらに利水作用を加えることで、八味地黄丸の証を持ちながら下半身のむくみやだるさなどを訴える方に最適の処方となっています。

牛車腎気丸となっていますが、実際は丸剤には作りにくく、煎剤として用いられていました。もし丸剤として作るなら、乾地黄(かんじおう)を用いないと固まりにくいです。

類方鑑別

六味地黄丸(ろくみじおうがん):
皮膚はやや乾燥し、虚熱の症状があります。

八味地黄丸(はちみじおうがん):
足腰の冷えや脱力、臍下不仁は同様ですが、排尿異常特に夜間頻尿浮腫などが幾分軽度です。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)