滋陰至宝湯(じいんしんほうとう)

組成

柴胡(さいこ)・白芍(びゃくしゃく)・当帰(とうき)・白朮(びゃくじゅつ)・茯苓(ぶくりょう)・麦門冬(ばくもんどう)・貝母(ばいも)・知母(ちも)・地骨皮(じこっぴ)・甘草(かんぞう)・陳皮(ちんぴ)・薄荷(はっか)・香附子(こうぶし)

効果

虚弱なものの慢性のせき・たん

効能

疏肝解鬱・健脾和営・養陰清肺

主治

肝鬱血虚に肺陰虚の乾咳・少痰・盗汗などをともなう

方意

滋陰至宝湯は逍遙散(しょうようさん)の加減方であり、逍遙散より生姜(しょうきょう)を除き、滋陰の麦門冬、祛痰の貝母、虚熱を去る知母・地骨皮、理気剤の香附子・陳皮を配合した処方です。

婦人の虚労の薬として作られた処方で、婦人の不定愁訴や虚労病に対し広い応用範囲を有しますが、現在では主に慢性の咳嗽の薬として用いられています。

痰が粘稠で喀出しにくい咳があり、口渇・熱感・のぼせ・午後の微熱・盗汗・手掌や足底のほてりなど肺陰虚の症状を改善します。

診断のポイントは、非常な虚証・微熱・自汗・盗汗・咳痰などです。

類方鑑別

滋陰降火湯(じいんこうかとう)
体力が低下した方で、咳嗽は滋陰至宝湯よりも激しく、痰が粘稠で切れにくく、皮膚が浅黒く、便秘傾向のある場合に用います。

清肺湯(せいはいとう):
比較的体力の低下した方で、やや粘稠の痰を多く排出し、咳が長びく場合に用います。

麦門冬湯(ばくもんどうとう):
体力中等度もしくはそれ以下の方で、痰が切れにくく、咳嗽が激しく発作性(大逆上気・咽喉不利)で、顔面が紅潮する場合に用います。

柴朴湯(さいぼくとう)
体力中等度の方で、比較的軽度な咳嗽・喘鳴があります。肋骨弓下部に抵抗・圧痛および心窩部に膨満感があり、精神不安を伴う場合に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)