乙字湯(おつじとう)

組成

柴胡(さいこ)・黄芩(おうごん)・升麻(しょうま)・大黄(だいおう)・甘草(かんぞう)・当帰(とうき)

効果

病状がそれほど激しくなく、体力が中位で衰弱していないものの次の諸症:
キレ痔、イボ痔

効能

祛除血分湿熱

主治

血分の湿熱にともなう痔核・陰部瘙痒・下血など

方意

疼痛出血などを伴う痔の特効薬として頻用されています。痔核の脱出、肛門周囲のうっ血、浮腫や炎症によいです。

診断のポイントは痔核・出血・脱肛・裂傷・胸脇苦満などです。虚証ではない場合に用います。

原方には当帰が入っておらず、生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)が入ります。のちに浅田宗伯が加減して当帰が加えられました。当帰を加えたことで鎮痛作用は弱くなりましたが、鬱血を除く働きが強くなっています。

類方鑑別

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
比較的体力のある人で、乙字湯と同様の症状を訴えますが、冷えのぼせの傾向があり、下腹部に抵抗・圧痛を認める場合に用います。

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう):
さらに症状が激しく体力が充実した人の場合に用います。

当帰建中湯(とうきけんちゅうとう):
体力がやや低下した方で脱肛の傾向があり、局所の疼痛が激しい場合に用います。

芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
比較的体力の低下した人で、出血する場合に用います。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう):
中気下陥による弛緩性の痔に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)