烏梅(うばい)

烏梅

基原

バラ科 Rosaceaeのウメ Prunus mume Sieb. et Zucc.の未成熟果実を燻製にしたもの

性味

酸・渋、平

帰経

肝・脾・肺・大腸

効能・効果

①斂肺止咳
②渋腸止瀉
③和胃安蛔
④固崩止血
⑤生津止渇

主な漢方薬

杏蘇散(きょうそさん)
椒梅湯(しょうばいとう)

特徴

烏梅は青梅を燻製にしたもので、奈良時代には中国から伝わっていたとされています。燻製により色が黒くなることから、烏(からす)という字がつけられたと考えられています。日本では烏梅を「うばい」と発音しますが、中国では「ウーメイ」と発音します。これがウメの語源であるという説もあります。

青梅には青酸配糖体のアミグダリンという成分が含まれており、生の状態で大量に食べると中毒を起こすことがありますが(成人で300個、子供なら100個ほど食べた場合です)、燻製にする過程でほぼ無害化されます。

渇きを止めて体を潤す働きがあり、慢性の咳や口の渇きに用いられます。他にも下痢を止める働きや、回虫による腹痛・嘔吐にも効果があります。止血効果もあり、擦り傷や切り傷に民間薬としても使われてきました。

日本では青梅の搾り汁を煮詰めて作ったものを梅肉エキスと言い、烏梅と同じ目的で使用されています。

クエン酸を豊富に含むことから漢方薬としてだけではなく、紅花(こうか・べにばな)から紅の色を引き出すための媒染剤(ばいせんざい)として利用されていました。