烏賊骨(うぞくこつ・うぞっこつ)

烏賊骨

基原

コウイカ科 Sepiidae のコウイカ Sepia esculenta Hoyle などの甲骨

性味

鹹・渋、微温

帰経

肝・腎

効能・効果

①収斂止血
②固精止帯
③生肌祛湿

主な漢方薬

固衝湯(こしょうとう)

特徴

イカの骨という名前がついているこちらの生薬は、コウイカの甲を用いて作られます。

代表的な収斂(漏れ出るものを引き締める)薬の一つで、下痢や汗を止め、不正出血や月経過多、血便などに対する止血効果もあります。この止血効果が特に優れており、外用として局所の止血剤として使われていたこともあります。

一般的なイカの甲はセルロイド質ですが、コウイカの甲は石灰質です。主成分として炭酸カルシウムが含まれており、これが胃酸を中和して胸焼けや呑酸を緩和してくれます。

胃炎や胃潰瘍の胃酸過多の症状に良いですが、燥性(体内の湿を除く)があるため長期間服用すると便秘を引き起こしやすくなります。陰虚(体内の潤い不足)の証の方には不向きな生薬です。

前の記事

烏頭(うず)