通導散(つうどうさん)

組成

当帰(とうき)・紅花(こうか)・蘇木(そぼく)・枳実(きじつ)・厚朴(こうぼく)・陳皮(ちんぴ)・大黄(だいおう)・芒硝(ぼうしょう)・木通(もくつう)・甘草(かんぞう)

効果

比較的体力があり下腹部に圧痛があって便秘しがちなものの次の諸症:
月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

効能

活血祛瘀・行気通絡

方意

古方の桃核承気湯(とうかくじょうきとう)に匹敵する後世方の最も実証用の駆瘀血剤です。瘀血の症候に気滞の症候(胸苦しさ・腹満・便秘)を伴うものに用います。

診断のポイントは、実証・のぼせ・腹力充実・少腹満・便秘・瘀血症状+気滞症状です。

活血化瘀の当帰・紅花・蘇木、蕩滌逐瘀の大黄・芒硝、通絡の木通、行気の厚朴・枳実・陳皮、調和諸薬の甘草からなり、行気活血逐瘀の効能を持ちます。駆瘀血・理気・瀉下・利水の薬味が配合されて、これらが協力的に働きます。

打撲内出血だけでなく、広く気滞血瘀に使用できます。

類方鑑別

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
体力が充実した方で、下腹部の抵抗・圧痛(少腹急結)を認め、精神神経症状が激しい場合に用います。

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
比較的体力の充実した方で、下腹部は緊張し、特にその一部に自発痛・抵抗・圧痛などの症状が激しく、精神神経症状があまり認められない場合に用います。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
体力中等度の方で、症状がより緩和で便秘がなく、下腹部の抵抗・圧痛が比較的軽度の場合に用います。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん):
体力が充実していて、肥満し、便秘があり、臍を中心に膨満かつ充実している場合に用います。この場合、時に通導散と合方されることもあります。通導散、防風通聖散は一貫堂医学ではよく用いられる処方です。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)