清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

組成

蓮肉(れんにく)・黄芩(おうごん)・麦門冬(ばくもんどう)・地骨皮(じこっぴ)・茯苓(ぶくりょう)・車前子(しゃぜんし)・人参(にんじん)・黄耆(おうぎ)甘草(かんぞう)

効果

全身倦怠感があり、口や舌が乾き、尿が出しぶるものの次の諸症:
残尿感、頻尿、排尿痛

効能

益気滋陰・清心火

主治

心火上炎・気陰不足・遺精淋濁:
不眠・多夢・焦燥感・口や咽の乾燥感・熱感・元気がない・疲れやすい・遺精・排尿困難・排尿痛・不正性器出血などがあり、疲労にともなって排尿異常などが反復する

方意

元来胃腸の弱い方の心腎不交、心火旺と腎陰虚を治す方剤です。イライラ・不眠・動悸など心火旺の症状と、尿量減少・頻尿・排尿痛・残尿感などの腎陰虚による淋症を同時に現す場合に用います。

診断のポイントは、易疲労・胃弱・イライラ・胸苦・口渇・頻尿・残尿感などです。

処方全体としては腎陰を補い脾気を増やし、あわせて心火を清熱すると共に心腎の交通をはかります。

清心火の蓮肉が主薬で、渋精固腎にも働いて心腎を交通させます。清熱涼血の地骨皮と清熱瀉火の黄芩が蓮肉を補助して心火を鎮めます。茯苓・車前子は利小便により心火を下泄し、茯苓は安神にも働きます。清心養陰の麦門冬、益気の人参・黄耆・甘草、生津の人参で益気養陰します。

滋陰の力は弱いので、陰虚が明らかであれば適宜に滋陰薬を配合する必要があります。

類方鑑別

猪苓湯(ちょれいとう)
体力中等度の方で、冷え症の傾向がなく、排尿困難・排尿痛・残尿感などを訴える場合に用います。

猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう):
猪苓湯の使用目的に似ていますが、皮膚の栄養低下や乾燥傾向があり、血尿などの症状がやや慢性化した場合に用います。

五淋散(ごりんさん)
体力中等度ないしやや低下した方で、同様に排尿困難・排尿痛・残尿感などを訴え、冷え症の傾向があり、症状が慢性的に経過しますが、神経過敏などの症状のない場合に用います。

竜胆瀉肝湯(りゅたんしゃかんとう):
比較的体力のある方で、排尿困難・排尿痛・残尿感などを訴えるとともに、帯下・陰部瘙痒感などの生殖器症状を伴う場合に用います。

八味地黄丸(はちみじおうがん)
口渇、軽度の排尿痛のほか、全身倦怠感・足腰の冷えや痛みを訴え、下腹部が上腹部に比べて緊張が弱い場合に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)