調胃承気湯(ちょういじょうきとう)

組成

大黄(だいおう)・甘草(かんぞう)・芒硝(ぼうしょう)

効果

便秘

方意

陽明病の代表的方剤である承気湯類の中では、最も作用の緩和な薬方です。承気湯類は大黄と芒硝を基本骨格としている方剤で、他にも小承気湯(しょうじょうきとう)、大承気湯(だいじょうきとう)などがあります。

診断のポイントは、腹満・緊張良好・心下痞鞕・便秘などです。

大承気湯から行気の枳実(きじつ)・厚朴(こうぼく)を除き、和中調胃の甘草を加えたもので、熱結を攻下する大黄・芒硝の峻猛性を甘草で緩和しています。大・小承気湯より瀉下の力が緩やかで、燥・実が主体の軽症に適しています。全体としては、大承気湯の心下痞・疼痛(枳実の証)と心下脹満(厚朴の証)がなく、やや緩和された寒下剤となっています。

調胃承気湯は胃気を調和させる作用の中に瀉下作用を兼ねているので、「調胃」の名を付けられています。

臨床では熱実証の便秘によく用いられます。

類方鑑別

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
体力中等度の方を中心に、軽症ないし中等度の便秘に用います。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
体力が充実した方で便秘し、瘀血の症状がある方に用います。月経不順・月経困難を伴い、のぼせ・頭痛・不眠などの精神神経症状を呈する場合に用います。

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
虚証で、他の下剤を用いるとしばしば腹痛を訴え、気持ち良い便通がない場合に用います。

潤腸湯(じゅんちょうとう)
体力中等度あるいはやや低下した方で、特に老人の便秘に用います。陰虚証で、皮膚枯燥と大便秘結があります。

麻子仁丸(ましにんがん):
潤腸湯に似ていますが、大便秘結の程度がより軽度の場合に用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)