【漢方薬】50代・女性 頻尿

◆ ご相談された症状

頻尿・夜間頻尿
夏場は1ヶ月近く夜1回トイレに行くようになり、悩んでネットを見て、こちらの桃華堂さんを見つけ、足湯というのもちょっといいなと思い、相談しました。

◆ ご相談されて症状はどう変わりましたか?

私の体に合った漢方薬を処方していただき、1ヶ月くらいで改善が見られ、夜もトイレに行かなくて良くなりました。 
漢方の味の方も飲みやすくて好きです。こちらでお世話になって良かったです。ほんとうにありがとうございました。また体の調子が悪くなったらお世話になりたいと思います。

桃華堂からのコメント

この方は午前中に集中する頻尿に悩まされており、ひどいときには10分に1回トイレに行くほどでした。残尿感もあり、年に1回は膀胱炎にもなっていました。食後に眠気があり、冷たいものをよく飲む傾向がありました。

舌を拝見したところ、色が淡く、縁に歯のあとがついていることから、体が冷えて胃腸が弱っていることがわかりました。冷えと胃腸虚弱による水分代謝異常が頻尿の原因と考え、お腹を温める小建中湯(しょうけんちゅうとう)と頻尿を改善する六味地黄丸(ろくみじおうがん)を中心に漢方を配合いたしました。途中からは病院から処方された人参養栄湯(にんじんようえいとう)もうまく使いながら漢方薬を調節していきました。

服用を続けていただくうちに、まずお腹の冷えを感じにくくなりました。徐々に頻尿も減っていき、2ヶ月後には夜にトイレで起きることもなくなり、午前中の頻尿も改善しました。最後に2週間分の漢方薬をお渡しして、現在は治療を終了しています。

お腹の冷えは頻尿に繋がる可能性があります。特に夏は冷たいもののとりすぎでお腹を冷やしやすいので注意が必要です。食後の眠気は胃腸が弱っているサインなので、横になりたくなるほどの眠気を感じる方は、お腹を温め消化によいものを食べましょう。