【漢方薬】30代・女性 生理前の不調・胃腸トラブル

◆ ご相談された症状

生理前の頭痛
胃腸の冷え
下腹部の張り
おならの数が多い

◆ ご相談されて症状はどう変わりましたか?

諸症状をお話したところ、全体的に血流が悪いようだとのことで、それを改善するための漢方薬を処方頂きました。
生理前の頭痛は再発せず、胃腸も以前より温かくなりました。また、食後に頻繁になっていた唾液腺の腫れも回数が激変。下腹部の張りもなくなりおならも通常通りへ。ここに通い始めて3kgくらいやせました。
血流が改善して色んな症状が改善したので良かったです!ありがとうございました。

桃華堂からのコメント

この方は生理に伴う頭痛や吐き気などの症状でご相談に来られました。頭痛は左上がズキズキと痛み、痛みで何もできないほどでした。お腹が冷えると下痢しやすく、食後すぐにトイレに行くことが多かったそうです。ガスが溜まりやすく、朝方に頻繁におならが出ていました。

舌を拝見したところ、舌裏の静脈がボコボコしており、月経血に血の塊が多く混じるなど、瘀血(おけつ:血の巡りが悪い状態)の証が見られました。漢方薬は血流改善のために芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)と、お腹の調子を整えガス溜まりを改善する香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)を中心に処方いたしました。

2週間服用してもらった段階で、ガス溜まりがやや改善し、入らなかったズボンが入るようになりました。その後も胃腸を整える漢方薬を続けていただき、生理に伴う不調以外にも唾液腺の腫れの回数が減っていきました。元々唾液の流れが悪く、食事をするとあごの下が腫れることが頻繁にあったそうですが、胃腸を整えることで唾液の流れも改善されたようでした。3ヶ月ほど漢方薬を服用していただき、その間に2回生理がありましたが、そのどちらも目立った不調なく過ごしていただくことができました。