【漢方薬×鍼灸】40代・女性 肩の痛み・腰痛・子宮筋腫

◆ ご相談された症状

肩・腰の痛み、全身のだるさ、冷え、子宮筋腫、貧血など

◆ ご相談されて症状はどう変わりましたか?

3ヶ月で肩・腰の痛み軽減。全身のだるさがなくなりました。漢方相談は自分の症状に合うものを、その時の状態によって調合してくれます。心配事などの相談もよくさせて頂きました。

鍼灸は個室でゆったりとした時間の中で行ってくれます。とてもよい雰囲気で私はとても気に入っています。ガチガチだった腰がやわらかくなり、楽になりました。

漢方・鍼灸の2つを合わせることによって、この3ヶ月で身体がよみがえってきました。身体がとても軽やかです。

足湯も全身がポカポカになり気分も良くなります。

今後もこのよい状態が続くような生活をしていきたいです。ありがとうございました。また身体に異変があったら、早めにお世話になりますのでよろしくお願いします。

桃華堂からのコメント

この方は体の痛みで思うように運動ができず、接骨院や整体院に通っても完全には良くならず、常に肩や腰の痛みに悩まされていました。

舌の状態を拝見したところ、紫斑があり血流が悪い状態であることがわかりました。また、とても強く凝り固まっていた肩や腰には、『細絡(さいらく)』と呼ばれる糸状の血管が皮膚表面に診られ、こちらからも血流の悪さが確認できました。これらの診断により、痛みの主な原因は血流にあると考え、治療内容を組み立てていきました。

東洋医学には、『不通則痛(通じざれば則ち痛む)』という言葉があります。人の体には『気』や『血』が流れていて、それらは『経絡(けいらく)』と呼ばれる通り道を通って全身を常に巡っています。ですが、なんらかの原因によって『経絡』が詰まると、そこを通っていた『気』や『血』の流れが悪くなり、その部位に痛みが生じてしまいます。これが『不通則痛(通じざれば則ち痛む)』の状態であり、まさにこの方に当てはまる症状だと思われました。

この症状を治療するため、当店ではまず鍼灸によって『経絡』の詰まりを解消していきました。それと同時に、漢方薬では『血』の流れをととのえる芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)を処方しました。その後、呼吸の浅さによる息苦しさ、ストレス過多の症状がみられたため、『気』の巡りをよくする桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)を加えたところ、体全体が軽くなり、調子がよくなりました。

『血』はそれだけでは動くことができず、『気』の力を借りています。このように『気』が物質を動かす力を『気の推動(すいどう)作用』といいます。血流を改善するだけでなく、『気』の推動作用を補強したことで、全体の流れがよくなり、症状の改善につながったと考えられます。

※ 現在、コロナウイルス感染症拡大に伴い鍼灸施術の新規受け付けを中止しております。