LU11. 少商(しょうしょう)

 所属する経脈

手の太陰肺経(たいいん はいけい)

 別名・別表記

別名:鬼信(きしん)

 名前の由来

少商(しょうしょう)の『少』は「末端」の意味、『商』は五行論(ごぎょうろん)における五音(角・徴・宮・・羽)の1つで、肺と同じく「金」に属しています。

このツボは親指の末端に位置していて、五音から肺と同じ「金」に属するものを取って少商と名付けられました。

五行論(五行説)…自然界に存在する全ての物を、『木・火・土・金・水』の5つの属性に分類する東洋哲学の理論。この理論において、「肺」と「商」は同じ『金』に分類される。

五臓と五音

 要穴

肺経の井木穴(せいもくけつ)

五行論において、少商は『木』の性質を持っています。

肺経_五行穴_井木穴

 位置

母指、末節骨橈側、爪甲角の近位外方0.1寸(指寸)、爪甲橈側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

親指の爪の生え際、そのすぐ外側(人差し指の反対側)に少商があります。

 主治・効能

呼吸器系の症状

咳嗽(せき)気管支喘息(ぜんそく)のどの腫れ・痛み鼻血

手の太陰肺経に属するツボのため、上記のような呼吸器の症状に用いられます。

神経系の症状

自律神経失調症ヒステリー

指先への刺激には、自律神経の機能を整える作用があります。

整形外科領域の症状

肘・腕・手首の痛み指の痺れ腱鞘炎片麻痺

主に、手の太陰肺経の走行部位と関係のある症状に対して用いられます。

その他

熱中症脳卒中失神

少商には熱を取り去る作用があるため、熱中症などにも用いられることがあります。

また、指先にあるツボは弱い刺激に対しても強い反応を示し、急性の重症に効果があるとされています。

 局所解剖

皮膚 → 皮下組織 → 爪根

関係する動脈・静脈

  • 固有掌側指動脈
  • 背側指静脈

関係する神経

  • 固有掌側指神経
  • 橈骨神経

 参考文献

著者: 長濱善夫 / 東洋医学概説 / 創元社 (1961)
編著者: 南京中医学院 / 訳編者: 中医学概論邦訳委員会 / 中国漢方医学概論 / 中国漢方医学書刊行会 (1965)
編集: 天津中医学院, 学校法人後藤学園 / 監訳: 兵藤明 / 翻訳: 学校法人後藤学園中医学研究室 / 針灸学[経穴篇] / 東洋学術出版社 (1997)
著者: 劉燕池, 宋天彬, 張瑞馥, 董連栄 / 監訳: 浅川要 / [詳解]中医基礎理論 / 東洋学術出版社(1997)
著者: James H. Clay, David M. Pounds / 監訳者: 大谷素明 / クリニカルマッサージ ひと目でわかる筋解剖学と触診・治療の基本テクニック / 医道の日本社 (2004)
著者: 滝沢健司 / [図表解]中医基礎理論 / 東洋学術出版社(2009)
監修: 形井秀一, 髙橋研一 / 著者: 坂元大海, 原島広至 / ツボ単 / エヌ・ティー・エス (2011)
著者: Andrew Biel / 監訳: 阪本桂造 / ボディ・ナビゲーション ~触ってわかる身体解剖~ / 医道の日本社 (2012)