桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

組成

桂枝(けいし)・白芍(びゃくしゃく)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)

効果

腹部膨満感のある次の諸症:
しぶり腹、腹痛

効能

和脾止痛

主治

裏虚腹痛

方意

桂枝湯(けいしとう)の芍薬を倍加した処方です。桂枝湯により表証を取り、白芍を倍加することにより裏に向かわせて和そうとしています。

腹がひきつり痛む時に用います。

診断のポイントは、腹痛・虚満・腹皮拘急・下痢・裏急後重などです。

類方鑑別

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
桂枝加芍薬湯と同様の症状を呈しますが、裏急後重と便秘がさらに強い場合に用います。太陰病でありますが、一部陽明病にかかっています。

小建中湯(しょうけんちゅうとう)
桂枝加芍薬湯より体力が低下した方で、腹痛が持続的でさらに強い場合に用います。桂枝加芍薬湯より鎮痙・温補の働きが強いです。

大建中湯(だいけんちゅうとう):
体力の低下した方で、腹痛を訴えますが、腹壁の緊張が弱く、鼓腸の程度が強く、ときに腸管の蠕動亢進が認められる場合に用います。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
急激に起こり、筋肉の痙攣を伴う痛みに用います。

参考文献

編著者: 神戸中医学研究会 / [新装版]中医臨床のための方剤学 / 東洋学術出版社 (2012)
編著者: 髙山宏世 / 腹証図解 漢方常用処方解説 / 日本漢方振興会 (1988)
著者: 杉山卓也 / 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 / 日経印刷 株式会社 (2018)